ぽやおこ姉妹を見守り続ける備忘録。

高校生と中学生の姉妹と照れ屋の父と、空気の読めない母の日々日常を綴るブログです。

モモとパパ。

こんばんは。

 

モモは先週期末テストの結果が全部帰って来ました。

(・ε・` )

テストがあったのは8月後半、今回は全部返ってくるのに時間がかかりました。

理由の1つに数学の問題に不備があり、数学だけ半分再テストになったから。モモは数学の問題を覚えていて「⑥の連立方程式の問題がよく分からなかったんだよね。パパ、1,000円以内でケーキ選んで式を組み立てる方法」

とモモはパパに説明しながら広告の裏に問題と式を書き始めました。それを見たパパは

「お前の式で大丈夫じゃないのか

(゜ロ゜)」と問題と式を見て一言、

「だよね、大丈夫だよね( ・ω・)」

と私にはもう分からない会話をしていました。

モモは中学受験を経験しましたが、パパはモモと一緒に算数を勉強していました。Z会の受験コースができなくてできなくて「モモは悪くない!Z会の算数が難し過ぎるのが悪いq(*゚ε´*)こんなのできないよ~(;ω;)」

 

と毎日泣いてました。それを親切、丁寧、根気よく教えてくれたのはパパ

です( ̄ー ̄)

「問題をちゃんと読んで、必要な所に線引いて図を書いて考えるんだ、手を動かせ、手を。」

と何回も何回も何回も言ってました。

そして小学4年の2月から5年の2月まではZ会の算数の添削問題をパパと一緒にやり、と言ってもパパがほとんど解き、モモはその解き方を解答用紙に写してそれをZ会に出すという悪行をモモ( ・ε・)は繰り返し、塾の全国模試は算数の解き直しをパパと2人でやってました。

モモは泣きながら(´;ω;`)

「算数大嫌い(>ω<。)大嫌い(>ω<。)」

「モモ!早くしろ( ̄^ ̄)パパは明日仕事なんだぞ」

となんやかややっていました。


そして中学2年の今。。。

「パパ、これ分かる?立体図形の問題なんだけど( ・ω・)」

「ん、見せてみろ( ̄ー ̄)。。。。これ、計算何回もするのめんどくさいな。」

「そうよ!何回もするの面倒なんだよ!」

と2人で同じ目線で話しててなんか、モモも成長したな、って感じます。

そしてモモの数学のテストは💯でした

「再テストのやっぱりケーキの問題が間違ってて前の点数が88だったから、不備の部分の配点が8点だったからプラス8したとしても94点、だから再テストでプラス6点得したんだぜ(*ゝω・*)ラッキー。」

「平均点もし上がったんでしょ?」と聞くと「70点だって。けど100点は100点!やったね( ^ω^ )」

と💯の解答用紙をパパに見せてドヤるモモでした。